おかんが肺炎に。

image

12月中旬だと言うのに、
まだまだ紅葉が楽しめる東京です。
(写真は新宿御苑)

比較的暖かな日が続いていますが、
そんな中、うちのおかんが肺炎にかかってしまいました(;´Д`)

ちょうど1年前、当時75歳のおとんがインフルエンザにかかり、
熱が下がって落ち着いたかなーって思ってたとこで肺炎に。
普通に生活はしてたけど、完治するまでに2ヵ月くらいかかりました。

で、今度は74歳のおかんが肺炎に。
3日ほど前から声がかれていて、風邪ひいたーなんて言ってたら、
土曜日、寝る前に体温計って平熱だったのが、
翌朝には38.6℃まで上昇してました。

インフルエンザはワクチン接種してるし、
インフルエンザではないだろう。
でも、一気に熱が上がっているし、
なんとて高齢だし心配なので、
休日診療当番のクリニックへ行くことに。

おかんは滅多に咳などすることはないのだが、
痰が絡んだ咳をしていて、気管がやられてんだなーってのはわかってたけど、
まさか肺炎とは。

どうも肺炎にかかりはじめのようで、
ホントに肺炎なのかどーかは、今検査してもはっきり出ないらしい。
でも可能性が高いとして、薬を処方してもらいました。

午後には熱が落ち着いたかと安心してたら、
夜にはまた上昇。

いつも、ごはんから洗濯からおかん任せですから、料理なんて全くやらないのですが、
今日は簡単なものを作ったりしてですね、
おかんには休んでもらいましたが、
月曜からもちろん仕事だから、
あたしが家をあければ、
おかんは自分でごはんとか用意しなければならなくなるんだよね。

肺炎って、高齢になるとホントにかかりやすくなるもんなんですね。
うちの両親はこれまであまり風邪をひかなかったんですけど、
ここに来てどーんと高熱が出ちゃったし、
親はいつまでも元気!なんて思ってちゃいけませんね(笑)

あたしは独身で実家暮らしで、
親子今でもお互い頼りながらなの生活だけど、
あたしの年代で本来ならば、
結婚してとか、ひとり暮らしでとか、親元を離れて生活してる人が多いわけで。

そうなると、両親が互いで支え合うしかないわけだから、
あたしが家を出ていれば、
おとんはいろいろとできるようになっていたのかなーとか、考えちゃいますね。

今朝あたしが出かける前、
おかんの熱は37.2℃まで下がってました。
ちょっと安心して出勤できます。

あたしが体調悪くならないように気をつけなきゃ٩(。•ω•。)و
風邪なんてひいてられん!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください