雪道安定!

昨年7月にうちの家族になったヴェゼ子で、
(写真左 VEZEL/HYBRID Z 4WD)
本格的な雪道を走ってきました!

場所は志賀高原エリア。

前日の夜から雪が降り始め、
朝から除雪車が出ていたので、道は圧雪路。

タイヤはブリザックにしたいとこでしたが高くて断念。
がんばってヨコハマのアイスガード6です。
ノーマルタイヤは17インチ使用のところ、
16へインチダウンしてます。

運転することは好きだけど、所詮はサンデードライバー。
雪道も慣れてないので、雪道スピードは30~40キロ、
後から後から車が来るので、
よけては先に行ってもらっての繰り返しです。

スピードが出ていないから、ってのがいちばん良かったんだろうけど、
すごい安定感があって、全く滑る感じがありませんでした!

ブレーキもグググッ!と効くし、
乾燥路では全く感じないうような、
雪道を走ってると足元がズシッとするような安定感がありました。

登りもスムーズだったし、
下りもスピードを落としていればググッと感があって、
加速も抑えられたし、滑ることはなかったです。

これがまた、ミラーバーンになると話は違うんだろうけど・・・

約20年以上前に雪国に住んだことがあり、
それが雪道の運転するきっかけになったんだけど、
まだ運転がそう慣れてない頃、
トンネルを抜けたところでスピンしたことがあって、
とても恐怖でした。((((;゜Д゜)))
しかもそれは、いつも走る道で起こりました。

間違いなく、大丈夫って過信とスピードが原因です。

今に比べたら、
その頃の車もスタッドレスも性能が低かったわけで、
それでも滑ったのはこの1回のみ。
スピードを落としていれば滑らなかったはず、
滑る原因はやはりスピードが大きいんだと思います。

今は車・タイヤの安全性が高まって、
それがドライバーの安心に繋がっていることは間違いない。
ただし、車やタイヤの安全性能というのは、
ドライバーをサポートしてくれるだけのものですから、
もちろん判断は自分自身。

過信しないことと、スピードに十分気をつけることで、
自ら起こす事故は防ぐしかないと実感しました。

まぁ・・・当たり前ですけどね。

この雪道を運転している間、あたしもそうですが、
みなさん車間距離は十分あけていました。

どんな道でもそうだけど、
他の車を巻き込まないように・・・と注意しても、
巻き込まれる可能性がある。
これも・・・怖い。
特に後ろから来た車に対しては何もできないし・・・

みんながみんな、自分の運転を過信せず、
まわりを巻き込まないと心がければ、
ずっとずっと事故は減るでしょう、きっとね!

結論、
ビビリな自分が雪道約30キロで走ることが、
慌てずに判断できる速度かな、と思いました。
そして、うちのヴェゼ子とNEWスタッドレスのおかげで、
今のところ雪道ドライブは安定しています!

来週は岐阜で滑るぞー!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.