言葉の壁

image
Hoher Kasten,Switzerland

写真は昨年のスイス旅行で撮ったものです。
Appenzel地方のHoher Kastenから。
この後下山中、道に迷ったんだったなあ(笑)

道に迷ったあたしはどーしたかと言うと、手っ取り早く人に聞くことにしたんですね。

そしたらですね、話しかけた若い女性が、全く英語を話せなかったんですね。
全くもって、手っ取り早くなかったっていう(笑)

あたしもほとんど話せないですけど、今までスイスを旅してきて、自分以上に、というか完璧に英語を話せる人が多かったもんだから、みんなある程度はわかるんだ、と思っちゃってたんですよ。

でも、そーじゃなかった。

昨年旅したアッペンツェル地方は観光地ではありますが、ツェルマットやサンモリッツのようなリゾート地とは違って、素朴で、フツーに田舎なんですね。

なので、宿の奥さんも英語わからず、お店の人もわからず、わからない人はたくさんいたわけです。
ってか、それは日本も同じ。

それでもなんとかなるっちゃあなるけど、
少しはそこの言葉を勉強してから行かないと、やっぱ失礼よね。

英語はもはや共通語になっているけど、
どこでも英語が通じるわけではない!

9月のスイス旅行でお世話になる宿の奥さんも、英語が得意ではないと言っていた。
6日間お世話になるし、これはちょっと、ドイツ語を勉強しとくべきではなかろうか?

最後の1泊のみフランス語圏。
まだ時間はあるし、フランス語もがんばってみようかと。

(パリで何かを注文する時に、フランス語でがんばってみたものの、早くしろよ、的な雰囲気で?逆に迷惑そうだったけど。(笑))

ほかの国の言葉を完璧にすることは簡単ではないけど、でも、言葉に触れる努力はしとかないとね。
わかった時にはうれしいもんだし。

旅はまだまだ先だけど、
そこに辿り着くまでにも、楽しめることっていっぱいあるんだなー(♡´艸`)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.