ベルクバーネン・インクルーシブ

image

全く予定にしてなかったんですが、
8月にスイスへ行くことにしました。

(だって思いのほか、航空券がお得だったもんだから。)

今回は全く足を踏み入れていないエリア、エンガディン地方へ滞在します!
わーい、わーい。

さて、今回の旅で行くエンガディン地方、
有名どこでサンモリッツがあって、
テレビでもよく紹介されるとこですが、
ほっとんどこの地域のことを知りません。。。

聞いたことがある地名だなーとか、その程度。

どこを拠点にしようか決めたくてもピンと来ない。

そこで決め手になったのが、
【ベルクバーネン・インクルーシブ】と呼ばれる、
夏のシーズン、エンガディン地方に2泊以上する人についてくるサービス!

何かって言うと、山岳交通の無料パスのことなんですが、
そのサービスを受けるには、提携のホテルに泊まる必要があります。

スイスのいろんな地方で、
公共交通が無料、もしくは割引になるサービスがあって、
今までもありがたーく使わせていただきました。

あたしのように大きな移動ぜず、
拠点を決めて観光する人にとっては、
うれしいサービスなんです。

ひとまず場所は関係なく、
提携しているホテルの中で、安くてよさげなところを探すことにしました。

提携ホテルは、
MOUNTAIN RAILWAYS INCLUDED
↑ここで探せます。

探した結果、、、
今回は、
ユースホステル泊に決定! !
4人の相部屋です。

1週間くらいの滞在になると、
自分の荷物を広げたくなるもんだし、
時差ボケで変な時間に目が覚めるとか、
21時頃には寝ちゃうとか、自分なりのリズムがあるし、
スイスらしい、かわいい部屋に泊まりたいってのもあって、
今までスイスの旅で、ドミトリールームを選んでこなかったんだけど。

ベルクバーネン・インクルーシブは、ロープウェイのみが無料なのと、
ロープウェイのほか、路線バス、レーティッシュ鉄道(2等)も無料!ってのがあって、

(正しくはもうひとつ何かあるみたいだけど)

この値段で泊まれるならいいなーって思った宿は、
残念ながらロープウェイのみ無料の方、
でもバスを無料で使いたい理由で、
数万円高めのホテルを選ぶ意味はあまりない気がするし。

(泊まれるもんなら泊まりたいけどさー!)

そこで目に入ったのが、ユースホステル。
ロープウェイもバスも無料、朝食もついて、7泊で¥38000であーる!
ただ、ドミトリールームで、バストイレ共同ってなだけ。

スイスのユースホステルってクオリティ高いんですよ。

以前、ロカルノのユースホステルに泊まったことがありますが、
(その時は個室を利用)
それはそれは明るく清潔感たっぷりで、エコでバリアフリーな宿でした。
安いからってボロいとか汚いとか、そんなんではないんですよね。

ただ安いってだけでなくお得感をとても感じたので、
今回はユースホステルに決めました。

まあ、相部屋になる人によって居心地は変わるでしょうけど。
もしかしたら同じ部屋の人に、
あたしがイヤだって思われる可能性もありますから(笑)
お互い様ってことで。。。

日本では相部屋とかしょっちゅうだし、
イビキとか、ドライヤーとか、部屋の電気をつけられるとか、
そんなのは気にならず眠れる幸せ者なので、
そーいう面は気にしてないけど、
荷物のスペースを考えたら、持っていく荷物は小さくすべきだなー。

年に1度はスイスに行かないと、
さみしくてしょーがないんですよね。
ちょうど、そんな時期でした。
初めての夏のスイスだし、
どこに行こうかって、考えるのが楽しくてしょーがない毎日です。

ドラクエも手につきません(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください